加工済みポスターを出力

選挙ポスターは印刷会社で出力してもらいましょう

選挙シーズンになると、街の至る所で選挙ポスターが貼りだされているのを見かけることが多くなります。

このようなポスターですが、何の加工もしていないと、紙ですから、雨風に弱いため、天気の悪い日には雨が染みこんでぐしゃぐしゃになってしまいます。

最悪の場合では、文字がかすんで読めないことも起こりえます。

ビニールを上からかけただけのところもありますが、それでも穴が空いてしまっては心配ですから、やはりポスター自体にきちんと水をはじく加工をしたほうがよいと思います。

ではこのような加工をするにはどのようにすればよいのでしょうか。

個人でこのような加工をするのは難しいため、印刷業者に出力してもらう際にビニール加工を施して貰えばよいのです。

大抵の業者では出力に掛かる代金に加工分を上乗せするだけで済むそうですから、料金的にも納得のいくものになると思います。

これは選挙シーズンになったら是非ともおすすめしたい加工の一つです。

加工済みポスターを出力

町中で電柱や家屋の外壁にポスターが貼りだされているのをよく見かけますが、ものによっては雨風にさらされてぐしゃぐしゃになってしまっているものもあります。

雨風によって文字が霞んでしまっては折角の宣伝広告も台無しになってしまいますから、そのような細かなところも目を配りたいところですね。

何らかの工夫をする必要があります。

例えばポスターを袋状のビニールで覆うとか、表面にフィルムを張るなど、色々な手段がありますが、枚数が増えてしまうとそれらをいちいちやっているのも大変になってしまいます。

ではどのようにすればよいのでしょうか。

最も楽なのは、印刷業者に雨をはじく加工をしてもらうことです。

ポスターを出力について

業者に依頼をするというとたくさんお金がかかってしまうイメージがありますが、そんなことはありません。

ポスターの出力時に加工も行ってもらえるので、出力にかかったお金にいくらか上乗せされるだけです。

納得のいく料金に収まるのでおすすめしたいです。